債務整理をするとどうなる?

債務整理をするとどうなる?

債務整理をすると、個人情報機関に事故データ(いわゆるブラック)として登録されます。
いちど登録されると5年間は抹消されないため、いかなるローンも利用できなくなるのです。
「債務整理をしても、その翌年にローンを組めた」といった話はウソなのです。

ローンの利用において、最も信用を落とす要因となるのがブラックです。
ペナルティとして5年間は既存ローンの機能は止められますし、
新規のローンを組むこともできないのです。
金融機関は個人情報機関の顧客情報を閲覧することで、債務整理をしたことがわかります。
何食わぬ顔をして申し込んでも、審査に通ることはないのです。

債務整理をした事実は、基本的に人に知られることはありません。
自己破産をすれば官報に掲載されますが、
一般の方の目に触れることはほとんどありませんので、
官報が理由で友人・知人に知られてしまうケースは少ないです。

会社にも知られることはないですし、仮に自分で事実を話したとしても、
それを原因に解雇することは認められていません。
「債務整理は大変なことだ」と思われている方が多いようですが、
実際には多くの方が思っているよりも、ずっとデメリットは小さいのです。
借金をゼロ、または大幅に減額できるメリットを考えれば、デメリットは小さすぎるほどです。

いずれにせよ、債務整理をして生活が今よりも困ることはありません。
借金の苦痛から開放され、今よりも充実・安定した生活が実現します。
実際に債務整理をした方の話を聞いても、
「ローンやクレジットカードを利用できないこと以外は、
特にデメリットは感じなかった」と言われているほどです。

借金問題だけは、自力で解決するには限界があります。
返済できない状態にある方は、すでに最大限の節約をしているはずです。
収入が増える見通しがないのであれば、債務整理で解決することを早急に考えましょう。
借金問題は放置しておいても、今よりも状況を悪くしてしまうだけです。